freeeにログインできない場合の対処方法

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeの各種サービスにログインできなくなった場合は、その状況に応じて対処方法が異なります。

ご自身が該当する場合の対処方法をお試しください。

 

目次

 

ログイン用のパスワードを忘れた場合

ログイン用のパスワードを忘れた場合は、パスワードを再発行することでご対応下さい。

詳しい手順は、こちらに記載しております。

 

ログイン用のメールアドレスを忘れた場合

  1. ご利用のメールソフトを開きます。
  2. メールの検索機能を開き、「@freee.co.jp」を含むアドレスから送信されたメールを検索します。
  3. freeeから送信されているメールを開き、その宛先(to)のアドレスでログインできるかどうかお試しください。

以上の手順を踏んでもログイン用のメールアドレスがわからないという場合は、freeeサポートデスクまでお問い合わせ下さい。

 

正しい情報を入力してもログインできない場合

メールアドレスもパスワードも正しい登録内容を入力しているのにログインできないという場合、どちらかの情報が間違って登録されている可能性があります。

その場合、以下の方法をお試しください。

  1. こちらの手順で、パスワードリセットのためのメールを、登録したと思われるメールアドレスに送信します。
  2. メールが届いたかどうかに応じて、以下の対応を行います。
    1. メールが届いた場合は、メール内の指示に従ってパスワードリセットを行い、入力したメールアドレスとリセット後のパスワードでログインします。
    2. 数分経ってもメールが届かない場合は、freeeに登録する際にメールアドレスを打ち間違えていた可能性がありますので、freeeサポートデスクまでご登録状況をお問い合わせ下さい。

 

アカウントがロックされた場合

以下の場合、アカウントがロックされ、一時的にログインができなくなります。

  • パスワードを5回以上間違えた場合
  • 前回のログイン時とは別の国からログインした場合

アカウントがロックされた場合、以下のいずれかの方法で解除できます。

  • ロックされてから30分経過後に、自動で解除されます。
  • アカウントがロックされた旨を通知するメールがご登録のメールアドレスに届きますので、メール内に記載された解除用URLをクリックすることでロックが解除されます。

なお、上記のいずれの場合にも該当しないがアカウントがロックされたという場合は、freeeサポートデスクまでお問い合わせ下さい。

 

管理者に招待されたがログインできない場合

会社等の従業員の方は、管理者の方より、会計freeeや給与計算freeeに招待される場合があります。

招待されたにも関わらずログインできないという場合は、以下の対処方法をお試しください。

招待メールが届かない場合

  1. 招待先のメールアドレスが間違っていないか、また有効であるかどうかを確認します。
  2. 招待メールは、ドメインが「@freee.co.jp」のメールアドレスから送信されます。招待先のアドレスが「@freee.co.jp」からのメールを受信できる設定になっているかどうかを確認します。
  3. 招待メールが「迷惑メール」フォルダに入っていないかどうかを確認します。
  4. 管理者の方に、再度招待メールを送信してもらうよう依頼します。

上記のすべてを確認しても招待メールが届かないという場合は、freeeサポートデスクまでお問い合わせ下さい。

 

メールは届いたが招待元の事業所にログインできない場合

招待先のアドレスがfreeeに未登録のアドレスである場合は、招待メール内のURLをクリックしてログインします。

招待先のアドレスがすでにfreeeに登録済みだった場合は、freeeにログイン後、画面右上の事業所名にマウスポインタ(矢印)を載せて、事業所を切り替えることができないかご確認下さい。(事業所の切り替え方法はこちら