明細の自動登録ルールを設定する

Print Friendly and PDFページを印刷

「自動で経理」で取引を登録していくと、「こういう内容の明細は、このような取引を登録する」というルールが自動で作成されていき、取引登録が自動化されていきます。

この「自動登録ルール」はいつでも編集できるほか、手動で作成することもできます。ここでは、その方法をご紹介します。

 

目次



「自動で経理」で自動登録ルールを作成する

[取引]→[自動で経理]で取引を登録する際に、「自動化」にチェックを入れて登録すると、「自動登録ルール」が作成されます。



自動登録ルールを確認・編集する

作成された自動登録ルールは、[設定]→[自動登録ルールの設定]画面で確認できます。

※「自動で経理」から作成されたルールには、歯車マークの列にチェックが入っています。

特定の行をクリックするとルールの詳細が開きます。
内容を編集した場合は[保存する]ボタンを、削除する場合は[削除]ボタンをクリックします。(設定項目についてはこちら



自動登録ルールを新規作成する

1.[設定]→[自動登録ルールの設定]画面の[新規作成]タブを開きます。


2.設定項目に必要事項を入力して、[作成する]ボタンをクリックします。(設定項目についてはこちら



自動登録ルールを一括で作成する(CSVインポート)

一度に大量の自動登録ルールを作成したい場合は、複数の自動登録ルールをまとめたCSVファイルを作成し、freeeに取り込むことができます。

1.本ページ下部にあるサンプルに沿ってCSVファイルを作成します。
この時、必須の設定項目が空欄にならないように注意します。
(設定項目についてはこちら

2.[設定]→[自動登録ルールの設定]画面を開き、右上の[インポート・エクスポート]ボタン→[自動登録ルールcsvインポート]よりインポートします。


※[インポート・エクスポート]ボタン→[自動登録ルールcsvエクスポート]をクリックすると、作成済みの自動登録ルールをCSVファイルとして出力できます。


 


参考:自動登録ルールを未登録の明細すべてに適用する

自動登録ルールを編集・作成したら、[取引]→[自動で経理]画面を開き、右上の[その他の機能]ボタン→[全件に自動登録ルールを適用]をクリックすると、作成した自動登録ルールを未登録の明細すべてに適用できます。


 


参考:自動登録ルールの設定項目について

自動登録ルールの設定項目は、下表のようになっています。

必須?

項目

説明

「自動で経理」から
作成された場合

必須

収支区分

対象となる明細の収支区分

登録した明細の収支区分

必須

取引口座

対象となる明細の口座

登録した明細の口座

必須

取引内容
(一致条件)

明細の取引内容の一致条件を以下の中から選択
半角/全角は区別されます※

  • 部分一致
  • 前方一致
  • 後方一致
  • 完全一致
  • 指定なし(指定口座の全ての明細を対象にする場合)

完全一致

場合により必須

取引内容

対象となる明細の取引内容

(条件を「指定なし」にした場合は空欄)

登録した明細の取引内容

必須

優先度

複数のルールで条件が重なった場合の優先度を設定
(整数のみ・マイナス可・設定不要の場合は0を入力)

0

必須

アクション

条件が一致した場合の動作を以下の中から選択

  • 取引を推測する
  • 取引を登録する
  • 振替を推測する
  • 振替を登録する
  • 無視する
  • 取引テンプレートを推測する

※「推測」は候補として表示される

※「登録」は登録作業自体が不要になる

取引を登録する

場合により必須

取引テンプレート

「アクション」で「取引テンプレートを推測する」を選択した場合は、テンプレートを指定

(このアクションのルールは作成されない)

場合により必須

勘定科目

登録される取引の勘定科目

登録した取引の勘定科目

 

税区分

登録される取引の税区分

勘定科目の設定で設定された税区分を適用する場合は空欄)

登録した取引の税区分

 

取引先

登録される取引に付与される取引先

登録した取引の取引先

 

品目・部門・メモタグ

登録される取引に付与される品目・部門・メモタグ

登録した取引の品目・部門・メモタグ

場合により必須

振替口座

「アクション」を「振替を推測・登録」にした場合は必須

収入明細の場合は振替元口座、支出明細の場合は振替先口座を指定

登録した口座振替の振替元/先口座

※自動登録ルールは、半角と全角が区別されます。一部の連携サービスにおいては、取り込まれる明細の全角/半角が途中で変更される場合もありますので、変更があった際は自動登録ルールを再編集します。
(2017年2月時点では、みずほ銀行をご利用の場合、従来方式の同期では全角、API方式の同期では半角で取り込まれます)

 


自動登録ルールインポート用CSVのサンプル

以下のファイルの二行目以下を変更することで、取引テンプレートのインポートに利用できます。

ご利用の表計算ソフトの名前が入っているファイルをダウンロードしてください。(もし開かなかった場合はもう一方のファイルをダウンロードし直してください)