MFクラウドシリーズから仕訳データを移行する

Print Friendly and PDFページを印刷

MFクラウド確定申告のプレミアム会員の方、MFクラウド会計をご利用の方は、そのデータをfreeeに引き継ぐことができます。

ここでは、MFクラウドシリーズのデータを出力・加工してfreeeに取り込む方法をご紹介します。

 

目次

 

1.freeeにインポートするデータを準備する

1. MFクラウド会計またはMFクラウド確定申告にログインします。

2. [入力・仕訳]から、[ファイルの入出力]をクリックします。

3. エクスポートタブをクリックし、[CSVファイルエクスポート]をクリックします。

 

2.ダウンロードしたCSVファイルを加工する

MFクラウドシリーズのデータは、このように自動で出力されます。


1. 加工するために、ExcelやGoogle スプレッドシートなどで開きます。

2. 不足している行を追加し、赤字にした箇所を修正します。

  • 先頭行に、[表題行]を追加し、すべての行に[明細行]と入力をします。
  • 取引Noは伝票No.に置き換えます。
  • 取引日は日付に置き換えます。
  • 借方金額(円)と貸方金額(円)は、(円)を削除します。
  • 借方税額、貸方税額に0が入っている場合は、0を削除し、空欄にしておきます。
  • (任意)借方勘定科目、貸方勘定科目は、freeeで利用できない勘定科目を修正します。



3.できあがると下記のようなファイルになります。


 

3.freeeにデータを取り込む

1.[決済]→[振替伝票]をクリックして「振替伝票の一覧」を表示させます。

 

2. freeeで[決算](または[確定申告])→[振替伝票]にて、右上の[インポート]ボタンから[弥生会計仕訳インポート]をクリックします。

 

3. [CSVファイルのアップロード]のグレーの欄から、エクスポートしたデータをアップロードします。

 

4. freeeにない勘定科目などを利用されていた場合、freeeに新規でデータを作成しますので設定を行います。プルダウンで勘定科目のカテゴリー、及び、表示名(決算書)を選択します。


 

5. [登録する]をクリックすると、仕訳データのインポートが始まります。

   

6. インポートをしたファイルは、[インポート履歴]タブからご確認いただけます。

※ ここで履歴横の[削除]ボタンをクリックすると、インポートしたデータ自体も削除されますのでご注意ください。

 

7. [登録された取引]をクリックすると、今回登録したデータをご確認いただけます。

 

設定が完了すると、このようなデータが取り込まれます。

   

   

サポートデスクまでご相談ください

エラーメッセージがでて登録ができないなど、何かお困りではありませんか?

freeeサポートデスクにご相談ください。他社製品からの乗換サポートを行っております。

 


参考:振替伝票(仕訳形式)の登録について

この形式で以降したデータは、振替伝票という、仕訳形式のデータでインポートされます。振替伝票についての詳細は、こちらをご参照ください。

 


参考:補助科目について

freeeでは、摘要や補助科目を使いません。詳細はこちらをご確認ください。