期首在庫を登録する

Print Friendly and PDFページを印刷

期首在庫とは、前期末在庫をそのまま翌期首に繰り越したものです。 前期にfreeeで在庫棚卸の処理を行うと、期首在庫は自動で表示されています。

前期にfreee以外の会計ソフトをご利用いただいた場合、freeeに期首在庫の金額を開始残高として入力します。

 

目次

 

前期にfreeeを利用していない場合

freeeを初めて利用する年度の期首在庫は、[設定]メニューの[開始残高の設定]画面から登録できます。(開始残高の詳しい設定方法はこちら:法人個人

[設定]→[開始残高の設定]にて入力された「商品」「製品」「半製品」「仕掛品」「原材料」の各勘定科目については、それぞれ下表の通り振替え処理が自動で行われます。

項目 振替先 損益勘定科目
商品 期首商品棚卸高
原材料 [製]期首材料棚卸高
仕掛品 [製]期首仕掛品
半製品 [製]期首半製品
製品 期首製品棚卸高


つまり、期首在庫の会計処理は自動で行われていますので、開始残高に金額を入力していれば処理は完了です。

 

前期以前からfreeeを利用している場合

  1. まず、在庫棚卸の処理を行います。(詳しい方法はこちら:法人個人
  2. 決算を終えた後に[年度締め]を行います。(詳しい方法はこちら
  3. 年度締めの結果、期末在庫が自動で繰り越され、期首在庫が自動で登録されています。特に期首時点での処理は必要ありません。

[仕訳帳]を確認すると、翌期首日付で自動で処理が行われていることが確認できます。