レシート類の取り込み機能(ファイルボックス)について

Print Friendly and PDFページを印刷

何かと溜まりがちな領収書や請求書。その管理や帳簿付けは、煩雑になっていませんか?

freeeの「ファイルボックス」機能は、それらの書類をfreeeに取り込むことで、煩雑だった各種作業を効率化します。紙の書類もデータで受け取った書類も、簡単に取り込むことができます。

これからは、書類と帳簿は一緒に管理していきましょう。

 

目次

 

ファイルボックスとは

「ファイルボックス」は、会計freeeで利用できるファイル管理機能です。

領収書や請求書の画像、CSVやPDFなどのデータを取り込むことで、書類の管理と記帳を効率化します。


 

ファイルボックスを利用するメリット

  1. 書類の写真やメモから自動で取引内容を補完し、帳簿付けを効率化します。
  2. 書類の画像を見ながら帳簿付けをすることで、入力ミスを減らします。
  3. 帳簿と書類を紐付けて管理することで、経費精算や支払いの漏れを減らします。

 

様々な方法で書類を取り込み可能

紙で受け取った場合

領収書や請求書を紙で受け取った場合、ファイルボックスに取り込むことで原本の保管を簡略化できます。(封筒にまとめて入れて保管しておけばOK)

紙の書類は、以下のいずれかの方法で取り込むことができます。
  

複数の書類をまとめて取り込むこともできます。詳しくはこちらをご参照ください。

 

データで受け取った場合

領収書や請求書は、データでやりとりすることで、さらに保管業務を簡略化できます。書類データをファイルボックスに取り込めば、元データは削除してもOKです。

データで受け取った書類を取り込んで記帳する方法については、以下のヘルプページをご覧ください。

 

書類の内容を自動認識&自動入力

ファイルボックスは、画像内の文字や、ファイルに記入したメモを、自動で認識して取引情報として入力します。

画像内の文字からの自動入力(OCR)

取り込んだ画像内の文字を自動で認識して、取引情報として入力します。

書類をなるべく綺麗に保管して、綺麗に撮影・スキャンすることで、自動入力の精度は高まります。

 

ファイルに記入したメモからの自動入力

また、ファイルをアップロードする際に記入できるメモの内容から、勘定科目や品目を自動で推測して入力することもできます。

 

自動入力された項目には「OCR結果」「推測結果」等のマークがつきます。
必要であれば内容を修正し、そのまま取引を登録しましょう。(詳しくはこちら

 


参考:ファイルボックスの容量について

無料プランの方は、月に5個までファイルを取り込めます。


それ以上ファイルを取り込みたい場合は、こちらより有料プランにご登録ください。有料プランに容量の上限はありません(※ スタータープランを除く)。