会計freeeを使った経費精算の流れ

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード   ✓ プレミアム  

経費精算は多くの会社で必要となるバックオフィス業務の1つですが、レシート類(証憑)の管理や承認作業など、煩雑な作業が多く発生します。

会計freeeの経費精算機能は、煩雑な経費精算をオンラインでカンタンに終えることができ、そのまま帳簿付けを行うこともできます。電子帳簿保存機能と組み合わせることで、レシート類の原本の保管も不要になります。

また、複数の承認者を設定する機能(申請経路)や、経費精算の内容を給与明細に反映する機能も備えています。

 

目次

  1. 申請経路を設定する
  2. 経費を申請する
  3. 申請された経費精算を処理する
  4. 経費精算の内容を給与明細に反映する
  5. 経費を精算する

 

申請経路を設定する

freeeの経費精算では、申請の経路を設定できます。
例えば「この経費は最初に部長、次に経理の承認を必須とする」といった経路が設定できます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

経費を申請する

経費の申請は、パソコンまたはiOSのスマートフォンから行うことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

申請された経費精算を処理する

承認者として指定されているメンバーや管理者は、申請された経費を承認/差戻し/却下したり、コメントを投稿したりすることができます。

また、承認した経費は、そのまま取引として登録することもできます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

経費精算の内容を給与明細に反映する

会計freeeと給与計算freeeを併用している場合は、経費精算の内容を従業員の給与明細に反映できます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

経費を精算する

経費の精算は、承認時に登録した取引に決済を登録すれば完了します。

詳しくはこちらをご覧ください。