【法人】固定資産を登録する(固定資産台帳)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

高額(10万円以上)で1年以上使用する固定資産を取得した場合、長期に渡り使用する実態に合わせ、徐々に費用にします。例えば、普通自動車の法定耐用年数は6年であり、購入した年に一度に費用にするのではなく、6年に渡って徐々に費用にします。

この費用化の処理を減価償却といいますが、freeeでは固定資産台帳を用いてこれを行います。固定資産台帳へ登録された資産は、自動で減価償却費の計算・計上が行われます。この固定資産台帳は、法人税申告書の別表16(1)や別表16(2)を作成する際の元情報にもなります。

(個人事業の場合のヘルプページはこちら

 

目次

  1. 固定資産を購入した際の処理
  2. 固定資産台帳への登録内容
  3. 登録した固定資産の詳細・減価償却費を確認する
    固定資産の詳細一覧
    各固定資産の詳細
  4. 参考:固定資産を間接法で償却する(減価償却累計額の計上)
  5. 参考:月次で減価償却費を計上する
  6. 参考:弥生会計・その他の会計ソフトからの固定資産のインポート
  7. 参考:中古資産の耐用年数
  8. 参考:修繕費か資本的支出かの判定について

 

固定資産を購入した際の処理

freeeでは、固定資産を購入した際に①取引 と②固定資産台帳 の両方へ登録します。

  1. 固定資産の支出取引の登録 … (目的)固定資産の取得を計上する (※)
  2. 固定資産台帳への登録 … (目的)取得以降の減価償却費を自動で計上する、固定資産の情報を管理する

※ 前期から引き継ぐ固定資産については、freeeの利用初年度に「取引」ではなく「開始残高」として入力します。

 

1. 固定資産の支出取引の登録

[取引を登録]または[自動で経理]より、固定資産を購入した取引を登録します。
入力した金額は、このあと固定資産台帳にも登録しますので、メモしておきます。

なお、当期に取得した固定資産は、[レポート]→[試算表:貸借対照表]の「固定資産」の項目から確認できます。その分は固定資産台帳にも登録が必要ということになります。

 

2. 固定資産台帳への登録

[決算]メニューの[固定資産台帳]を開き、[+固定資産の登録]ボタンをクリックして、固定資産の登録に進むことができます。

CSVファイルのインポートによって複数の資産を一括で登録することも可能です。

 

固定資産台帳への登録内容

必要事項を入力して固定資産を登録します。入力項目は下表のとおりです。

 項目

必須?

内容
資産の名前 必須 資産の名称を記入します。
(後で見直した場合に資産内容が思い出せる名称を設定すると、管理に役立ちます。)
取得価額 必須

購入にかかった金額を入力します。手数料や運送費等の付随費用も取得価格に含めますが、自動車取得税や不動産取得税などの租税公課などは取得価額に含めずに処理することもできます。国税庁参考リンク

数量又は面積 必須 数量または面積を記入します。 基本的に数量は「1」となりますが、同じ営業車を5台購入した場合などに、数量を「5」としてまとめて合計金額で登録することができます。
資産分類 必須 国税庁の耐用年数表をもとに決定します。自動車の場合、車両運搬具となります。
※ご不明な点がある場合は、専門家や税務署へ相談することをおすすめします。
取得日 必須 固定資産を取得した日を記入します。基本的には購入日となるため、取引の発生日と同じ日付を入力します。
耐用年数 必須 国税庁の耐用年数表を参考にして入力します。耐用年数の詳細については、こちらのヘルプページもご参照ください。普通自動車の場合は 6年となるため、「6」を入力します。
※ご不明な点がある場合は、専門家や税務署へ相談することをおすすめします。
月次償却   [設定]→[事業所の設定]の「詳細設定」にて、「月次償却」を「する」に変更して保存すると、減価償却の仕訳が月次単位で発生するようになります。 詳しくはこちら
償却方法 必須

固定資産の償却方法を選択します。税務上の償却方法を会計上も採用する場合、次のようになります。

  • 通常は「定率法」とします。(250%か200%かは取得日から自動判定します。平成19年(2007年)3月31日以前に取得したものは「旧定率法」)
  • 開業費や創立費などの繰延資産や、ソフトウェアなどの無形資産は「均等償却」とします。
  • 建物、生物は「定額法」とします。(平成19年(2007年)3月31日以前に取得したものは「旧定額法」)
    ※ 償却方法が定額法の場合、freeeでは定額法の償却率を用いて減価償却費を計算します。
  • 一括償却資産の必要経費算入の特例」により20万円未満の取得を3年で償却する場合、「一括償却」とします。
  • 青色申告の事業者が「中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」により30万円未満の取得を一括で償却する場合、「少額償却」とします。(年間300万円まで)
  • 土地などの償却しない資産については、「償却なし」とします。

※ご不明な点がある場合は、専門家や税務署へ相談することをおすすめします。

事業供用開始日  

基本的には取得日と同じ日付です。ただし、創立前に購入した固定資産の場合など、取得日と実際に使い始めた日が異なる場合はこちらへ入力します。取得日より後に事業供用開始日が設定されていると、事業供用開始日以降の減価償却費のみが計上されます。

期首残高   当期に購入した固定資産であれば、取得価格と同じ金額を入力します。他の会計ソフトからfreeeへの乗り換え時に固定資産台帳に入力するものについては、期首時点での未償却残高を入力します。
特別償却費   特別償却費がある場合に記入します(通常は空欄です)。記入額は減価償却費に加算されます。
例:生産性向上設備投資促進税制
管理番号等   必要に応じて固定資産に番号を割り当てるための項目です。割り当てた管理番号をシールなどで固定資産に貼付(有形の場合)しておくと、固定資産を棚卸する際に便利です。
部門   固定資産の残高を計上する部門を選択します。選択した部門は、減価償却費の仕訳にも「部門」として登録されます。
摘要   入力しておきたい摘要があれば入力します。入力された摘要は、減価償却費の仕訳に「備考」として登録されます。
申告先都道府県   償却資産申告用にメモしたい場合に記入します。
申告先市区町村   償却資産申告用にメモしたい場合に記入します。

 

登録した固定資産の詳細・減価償却費を確認する

固定資産の詳細一覧

固定資産台帳(固定資産の一覧)では、固定資産の基本情報を一覧で閲覧できますが、[固定資産の詳細一覧]ボタンをクリックすると、固定資産の詳細情報を一覧で閲覧できます。
SS_2017-03-23_14_28_28.png

詳細一覧では、基本的に各固定資産の詳細画面で閲覧できる項目を一覧で閲覧できますが、詳細一覧の「摘要」は固定資産の登録時に入力した「摘要」とは異なりますのでご注意ください。(少額償却を選択した際に「措法28の2」と表示されるなど、適用される法令などの情報が表示されます)
SS_2017-03-23_14_32_30.png

 

各固定資産の詳細

固定資産の詳細画面では、登録した固定資産の詳細や自動計算された減価償却費を閲覧できます。閲覧方法は以下のとおりです。

1.[決算]→[固定資産台帳]を開きます。

2.表示する固定資産の会計期間を選択します。選択した会計期間に減価償却費が計上されている固定資産が表示されます。

3.固定資産の[詳細]をクリックして、固定資産の詳細画面を開きます。



4.「固定資産の詳細」画面が開き、固定資産の各種情報や、自動で計算された減価償却費の内容を確認できます。

減価償却費は、2で選択した会計期間に計上された減価償却費が表示されます。

※ 法人の減価償却費の端数処理は、切り捨てとなっています。

固定資産をインポートした年度では、インポートした固定資産について自動で減価償却費の仕訳は計上しません。仕訳インポートとの重複を防ぐためこのような仕様となっています。(2016年6月現在)

 


参考:固定資産を間接法で償却する(減価償却累計額の計上)

会計freee利用の初年度においてのみ、固定資産の償却方法を直接控除法と間接控除法のいずれから選択することができます。

1.[設定]→[事業所の設定]を開き、[詳細設定]タブを開きます。

2.「固定資産の控除法」を選択します。

  • 間接控除法を選択した場合、累計額を全ての固定資産で合算して計上する(合算間接控除法)か、資産分類別に計上する(独立間接控除法)かを選択できます。
  • 間接控除法の適用対象は有形固定資産のみです。



3.画面下部の[保存]をクリックすると、自動で減価償却費が計算されます。 

「間接控除法」の「共通」を選択した場合、減価償却累計額は一括して控除する方式になり、減価償却費の相手勘定は「減価償却累計額」となります。

「間接控除法」の「資産分類別」を選択した場合、減価償却累計額は資産分類別に一括して控除する方式になり、減価償却費の相手勘定は「(資産分類名)減価償却累計額」となります。

 


参考:月次で減価償却費を計上する

[設定]→[事業所の設定]の「詳細設定」にて、「月次償却」を「する」に変更して保存すると、減価償却の仕訳が月次単位で発生するようになります。

※ なお、月割計算の端数(12円未満)は、年度の最終月の減価償却費に加算されます。

 


参考:弥生会計・その他の会計ソフトからの固定資産のインポート

freeeでは、固定資産台帳の情報をCSVファイルからインポートすることができます。固定資産の数が多い場合などにご活用ください。

  • 弥生会計の場合のヘルプページはこちら
  • その他の会計ソフトの場合のヘルプページはこちら

 


参考:中古資産の耐用年数

耐用年数の全部または一部を経過した中古資産を取得した場合は、使用可能な年数を見積り、その年数を耐用年数とすることができます。

耐用年数の見積りが困難である場合は、次の計算方法で算定した年数を用います。なお、計算により算出した年数に1年未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、その年数が2年に満たない場合には2年とします

耐用年数の経過状況 計算式
耐用年数の全部を経過している (法定耐用年数)× 0.2
耐用年数の一部を経過している (法定耐用年数)−((経過年数)× 0.8 )

参考リンク:
国税庁|タックスアンサー|No.5404 中古資産の耐用年数
減価償却資産の耐用年数等に関する省令 第三条

 


参考:修繕費か資本的支出かの判定について

固定資産の修理・改良等のために支出した金額について、修繕費か資本的支出(固定資産に計上)か判定する際は、次のフローチャートに沿って行います。

 

参考リンク:
国税庁|タックスアンサー|No.5402 修繕費とならないものの判定

 


経理・決算についてもっと詳しく知るには

法人経理や決算を、シェアNo.1のクラウド会計ソフトである「freee」で行うための実践ガイドです。法人経理や決算書の作成・申告で必要な作業や、freeeの操作、活用方法をご紹介しています。

freeekeiri

目次

  1. 法人決算と提出処理
  2. 会計ソフトの目的
  3. freeの特徴
  4. 日々の経理におけるfreeeの操作方法
  5. freeeを使った収支分析
  6. 決算申告に必要な作業
  7. freeで行う決算書作成
  8. 税理士の役割
無料でダウンロード