取引を高速で登録する(連続取引登録)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

大量に受け取ったレシート類(証憑)を1つずつ記帳するのは、手間も時間もかかります。

そのような場合は、「連続取引登録」機能を使って、レシート類を高速で記帳することができます。

 

目次

 

連続取引登録の概要

 連続取引登録機能では、以下の2つのことができます。

freeeに取り込んだ大量のレシートをもとに取引を高速で登録する

レシートをfreeeに取り込まずに、例えばお手元の現金出納帳や領収書をみながら連続して登録する

①のfreeeに取り込んだレシートを基に取引登録を行う場合には、レシート上の日付や金額をOCR読み込みし、それらの情報が取引の情報として補完入力されます。

レシート類をfreeeに取り込む

レシートを基に高速で取引登録をしたい場合には、まず受け取ったレシートや請求書をfreeeに取り込みます。

詳しい手順は、以下のいずれかのリンク先をご覧ください。

なお、複数の書類をまとめて取り込むこともできます。詳しくはこちらをご参照ください。

 

レシート類を高速で記帳する

取り込んだレシート類は、「連続取引登録」機能から高速で記帳できます。

 

「連続取引登録」画面の見方

「連続取引登録」の画面は、以下のような構成になっています。

  • 記帳対象の口座を選択し、証憑の画像を見ながらキーボード操作を使って高速で登録していきます。
  • 「スキップ」ボタンをクリックすると、証憑を1つ飛ばすことができます。
  • 「無視」ボタンをクリックすると、証憑を1つ飛ばした上で、飛ばした証憑を次回以降は非表示にできます。
  • 縦長の画像は上下に分割されますので、画面をスクロールせずに登録することができます。

【入力箇所のイメージ】

____1-3.png
4_8.png 

項番

説明

記帳対象の月、決済状況、決済口座を選択します。

①で指定した口座について、その月中に既に登録された取引が表示されます。

取引の内容を登録します。

現在選択中のレシートが表示されます。

選択中の画像の拡大・縮小ができます。

ファイルボックス内のレシートを基に取引登録を行わない場合に選択します。

ファイルボックス内のレシートを参照せずに、手元の領収書などを参照して取引登録を行うことができます。

ファイルボックス内の未登録の画像が表示されます。

上から順に、「コメント」「スキップ」「無視」ができます。

 

記帳の手順

1.[取引]→[連続取引登録]を開きます。

2.画面上部にて、記帳内容の発生月・決済状況・決済口座を選択します。


3.中央の入力欄に記帳内容を入力していきます。

この時、以下のショートカットを用いることで高速で登録できます。(連続取引登録の画面の下部からも確認できます)

操作したい内容

入力するショートカット

備考

入力内容を確定して次の欄に移動

Enter または Tab

 

前の欄に戻る

Shift+Enter または Shift+Tab

 

発生日・期日の入力

2桁 または 4桁の数字(半角)

記帳月を「2016年8月」に設定した状態で「01」と入力すると、「2016-08-01」が入力されます。「0901」と入力すると、「2016-09-01」が入力されます。

勘定科目・摘要の入力

勘定科目・摘要に設定されたショートカット

または 科目・摘要の名前

摘要はあらかじめ選択肢を登録しておきます

登録されていない摘要の名前を入力しても、記帳内容には反映されません。

複数行の取引の入力

Shift+Ctrl+3

1枚の証憑から複数行の取引を登録することもできます。

「連続取引登録」から登録した複数行の取引は、「取引の一覧」画面でのみ閲覧・編集可能ですのでご注意ください。

取引テンプレートの利用

勘定科目の入力欄を選択している状態で [-] キー

勘定科目の入力欄を選択している状態で [-] キー(ハイフン)を押すと、取引テンプレートを選択できます。

取引テンプレートが複数行の場合、登録した取引は「取引の一覧」画面でのみ閲覧・編集可能ですのでご注意ください。

記帳内容の確定

金額欄でEnter または 金額欄でTab

 

4.一枚分を記帳したらすぐに次のレシートが表示されますので、そのまま登録を続けることができます。

 

 

記帳した内容を確認する

記帳した内容は、「ファイルボックス」画面を開き、各ファイル(レシート類)の詳細画面を開くことで確認できます。


また、「取引の一覧」で「添付ファイルあり」の条件で絞り込んでも確認できます。