【個人】開始残高を設定する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

freeeご利用初年度の方は、開始残高の設定が必要です。開始残高とは、開業日や今期の期首日時点での資産・負債・資本の残高のことです。前期の決算書または試算表の貸借対照表を参照するとスムーズに設定できます。

このページでは、個人事業主の事業所における設定方法についてご紹介します。
法人の事業所の方はこちらをご覧ください。

 

目次

  1. 開始残高の設定方法
  2. 今期から事業を始めた場合
  3. 前期末の決算書をお持ちの場合
  4. 参考:「未確定勘定」が表示される場合
  5. 参考: freeeご利用前に発生した売掛金・買掛金を取引として登録する
  6. 参考: freee2期目以降の場合に、当期の期首残高を編集したい場合

 

開始残高の設定方法

1.[設定]→[開始残高の設定]から設定メニューを開きます。

2. 事業に利用する口座を登録します。口座登録の詳しい方法はこちらをご覧ください。

3. ご自身の状況に合わせて、以下の中から設定方法を選択します。(詳細は各リンク先をご覧ください)

(1) 今期から事業を始めた場合:[開始残高を設定]

(2) 前期末の決算書をお持ちの場合:[前期末の決算書を準備して開始残高を設定]

(3) 上記のいずれにも該当しない場合

(4) 弥生会計その他の会計ソフトからお乗り換えの場合:[CSVで開始残高を設定]

(5) 開始残高をCSVファイルとして出力する場合:[インポート]→[csvエクスポート]

(6) 出力した開始残高のCSVファイルを取り込む場合:[インポート]→[csvインポート]

 
 

今期から事業を始めた場合

1.開業時の現金と口座の残高を設定する

  • 今年度から事業を開始された方は、事業開始時の現金と口座の残高を入力します。
    • 現金・・・事業用に用意した現金の残高を入力します。
    • その他の口座・・・通帳などを参照しながら残高を入力します。
  • 前期以前から事業を始めている場合は、今期の期首時点での残高を記載します。


2. 開業日前に購入した物品や得た資産を設定する

  • 開業日前に購入した物品や得た資産などがあれば、その金額を入力します。
  • 事業を開始するまでの間に特別に支出した消耗品などの費用は「開業費」に、機械や車両など金額の大きなものは該当する勘定科目に金額を入力します。
  • 前期以前から事業を始めている場合は、今期の期首日時点での開業費の残高と、それまでに得た資産の金額を入力します。

*開業費について詳しくはこちらをご覧ください。

開業前の支出については、以下のフローチャートに沿って入力内容を判断します。

 

3. 元入金の金額を確認する

1.と2. で入力した金額の合計が、事業のために用意したお金(元入金)と一致していなければ、開始残高の設定金額を見直します。 

例:2014年1月1日に開業し以下の情報がお手元にある場合

  • 前年度から事業用として分けて管理していた現金が1,000,000円ある
  • 事業に利用する三井住友銀行の口座残高が300,000円ある
  • 事業用に購入しておいた工具器具備品が400,000円分ある
  • 開業準備のために特別に支出したお金が500,000円ある

 

前期末の決算書をお持ちの場合

前期末の決算書(貸借対照表)がお手元にある場合は、その情報をもとに設定します。[資産の部]の数字を左側の[借方残高]へ、[負債・資本の部]の数字を右側の[貸方残高]へ入力していきます。

決算書(貸借対照表)


freeeの開始残高設定画面


*
元入金については、貸方の「元入金」+「事業主借」+「青色申告特別控除前の所得金額」の合計金額から、借方の「事業主貸」の金額を引いた差額を今年度の元入金として入力します。(図の赤い点線部分の差額)

*開始残高の設定画面で該当する勘定科目が表示されていない場合は、[借方科目を追加]か[貸方科目を追加]ボタンを押して勘定科目を選択します。

 

なお、各勘定科目について、「品目」または「取引先」の内訳情報を付すことができます。

※ 付すことができるのは、「品目」または「取引先」のいずれかとなります。

決算書をお持ちでない方で開業時の負債がある方は、今期の期首日時点での資本と負債の残高を貸方に、現金・銀行口座や固定資産の残高を借方の各勘定科目に、分かる範囲で記入します。その際、貸方の合計金額と借方の合計金額は一致させるようにします。

 


参考:「未確定勘定」が表示される場合

開始残高を設定する際、貸方の合計金額と借方の合計金額は一致させる必要があります。もし一致しないまま設定すると、その差を埋める仮の科目として「未確定勘定」という科目が自動で追加されます。「未確定勘定」が表示されている場合は、記入漏れや間違いがないかを確認します。(詳しくはこちら

*個人事業主の方であれば、多くの場合、貸方と借方の差額を貸方の「元入金」に追加することで解消されます。

 


参考: freeeご利用前に発生した売掛金・買掛金を取引として登録する

freeeを使いはじめる前の年度に発生した売掛金・買掛金などの未決済残高は、個別の取引として登録して管理することができます。

1. 開始残高として売掛金・買掛金などを登録すると、画面下部に「前年度から取引継続中の取引先一覧」という欄が表示されるので、その中の[取引を登録する]をクリックします。


2. 取引を登録したい勘定科目の[行を追加]をクリックし、取引先と取引金額を入力してから[保存]ボタンをクリックします。


3. 「前年度から取引継続中の取引先一覧」に取引が追加されます。


追加された取引のペンマークをクリックすると、詳細の確認と、決済情報の登録ができます。

 


参考: freee2期目以降の場合に、当期の期首残高を編集したい場合

freeeご利用の2期目以降では、「開始残高の設定」のメニューが表示されません。期首残高は前期から引き継がれた残高となります。

このため、当期の期首残高を修正する際は次のいずれかの手順で行う必要があります。

1. 前期からfreeeで記帳していた場合

一度[確定申告]→[年度締め]から前年度の編集に戻り、前年度の記帳を「振替伝票」などから修正します。そののちに再度年度締めを行うことで、当期の期首残高を正しくすることができます。

2. 前期ではfreeeに登録しただけで記帳に用いていなかった場合

[設定]→[リセット]から、不要な期間の取引を削除した上で、[確定申告]→[年度締め]からfreeeの初年度まで年度を戻します。そののちに事業年度開始日を変更し(手順はこちら)、当年をfreee初年度にします。