Excel・販売管理ソフトからデータを取り込む(エクセルインポート)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人   ✓ライト   ✓ビジネス   ✓ エンタープライズ  
  個人   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

会計ソフト以外のソフトやExcelで仕訳や売上データを作成していた場合、そのExcelファイルをCSVファイルに変換することなくそのままfreeeに取り込むことができます。

 

目次

 

対応ソフト・データ

Excel(表計算ソフト)や販売管理ソフトで管理しているデータは、会計freeeにインポートする(取り込む)ことができます。

インポートできるデータは下表の通りです。csvファイルのインポート手順については、各リンク先をご覧ください。


対象ソフト


対象データ

インポート手順

xls/xlsxファイル

csvファイル

Excelなどの表計算ソフト

仕訳

エクセルインポート(仕訳)

仕訳インポート

Excelなどの表計算ソフト

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

弥生販売

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

販売王

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

商奉行

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

かんたん!販売仕入

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

わくわく販売管理

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

売上じまん

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

その他の販売管理ソフト

売上伝票

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

レジサービス

売上データ

エクセルインポート(収入)

(xls/xlsxに変換が必要)

Excelなどの表計算ソフト

仕入伝票

エクセルインポート(支出)

(xls/xlsxに変換が必要)

その他の販売管理ソフト

仕入伝票

エクセルインポート(支出)

(xls/xlsxに変換が必要)

Excelなどの表計算ソフト

仕入伝票

(csvに変換が必要)

取引インポート

販売管理ソフト

仕入伝票

(csvに変換が必要)

取引インポート

Excelなどの表計算ソフト

現預金出納帳

(csvに変換が必要)

明細インポート

 

仕訳データをfreeeに取り込む

仕訳データを用意する

freeeのエクセルインポートでは、仕訳データを振替伝票データとしてインポートします。

このエクセルファイルは、「発生日」「借方の勘定科目」「貸方の勘定科目」「金額」が入っている必要があります。

ファイルには、伝票番号や補助科目など他の項目も任意で入れることができます。(項目の詳細はこちら

仕訳データは、ご自身で作成しても、こちらのサンプルファイルを加工しても構いません。

 

仕訳データを取り込む

1.[取引]メニューの[エクセルインポート]を開きます。

2.「読み込むデータ形式」欄で「振替伝票データ」を選択します。
___________2.png

3.グレーの欄へドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイルを選択し、Excelファイルをアップロードします

4.アップロードしたExcelファイルの内容が表示されますので、下表の項目を設定後、[設定する]ボタンをクリックします。

設定する項目

説明

税額の扱い

以下のいずれかを選択します。

  • 金額が税込で表記されている場合は※「すべての金額が税込み」
  • 金額が税抜で表記されている場合は「すべての金額が税抜き」
  • 内税/外税を指定する列をファイル内に含んでいる場合は「内税/外税を考慮する」

列ごとに該当する項目

最上部の選択項目の中から、列に該当する項目を選択します。未選択の列はインポートされません。

無視する行

先頭行など、インポートする必要のない行にチェックを入れます。チェックの入った行はインポートされません。

※仮払消費税として計上したい金額がある場合(税抜き経理の場合)には、「すべての金額が税込み」を選択した上で、インポートファイルに「税額」の列を設けて、消費税額を入力する必要があります。



5.freeeにない勘定科目・補助科目(freeeでは取引先や品目として扱われます)・税区分がファイルに含まれている場合、それらを「③新規データの設定」の各タブで新規登録します。

  • エクセルファイル上の項目をfreee上のデータ(勘定科目など)と紐付けることもできます。
  • 紐付けを行わない場合は、freee上で新規のデータとして登録します。



6.[登録する]ボタンをクリックして取り込み(インポート)を開始します。


7.インポートが完了したら、画面上部の黒いバーをクリックして、インポート履歴を確認します。


8.インポート履歴にあるボタンをクリックすることで、登録された仕訳を確認できます。

 

収入データをfreeeに取り込む

収入データを用意する

収入データのインポートは主に、販売データを一括で取り込む場合など、収入のデータを取り込むのに適したインポート方法です。

エクセルをご利用の場合は、「発生日」「金額」が入っているエクセルファイルをご自身で作成するか、こちらのサンプルファイルを加工します。ファイルには、取引先や品目など他の項目も任意で入れることができます。(取引インポートファイルと同様の項目を挿入できます)

販売管理ソフト・レジサービス等をご利用の場合は、下表の手順でファイルを用意します。

ソフト

ファイルの用意手順

弥生販売

売上明細表の上から4行をExcel上で削除してからインポートします。

販売王

csvで出力された売上伝票をExcelで保存します。

その他の販売管理ソフト・レジ
(csv売上データが1行で記述されている場合)

csvで出力された売上伝票をExcelで保存します。

その他の販売管理ソフト・レジ
(csv売上データが1行で記述されていない場合)
csvで出力された売上伝票をExcelで保存したら、変換用Excelマクロファイルによってfreeeへインポート可能なデータへ変換します。

 

収入データを取り込む

1.[取引]メニューの[エクセルインポート]を開きます。

2.「読み込むデータ形式」欄で「収入データ」を選択したら、以下のいずれかの方法でExcelファイルをfreeeにアップロードします。

  • 「①ファイルのアップロード」のグレーの欄をクリックしてExcelファイルを選択
  • Excelファイルを「①ファイルのアップロード」のグレーの欄にドラッグ&ドロップ

3.アップロードしたExcelファイルの内容が表示されますので、下表の項目を設定後、[設定する]ボタンをクリックします。

設定する項目

説明

税額の扱い

以下のいずれかを選択します。

  • 金額が税込で表記されている場合は「すべての金額が税込み」
  • 金額が税抜で表記されている場合は「すべての金額が税抜き」
  • 内税/外税を指定する列をファイル内に含んでいる場合は「内税/外税を考慮する」

列ごとに該当する項目

列ごとに該当する項目を選択します。

無視する行

先頭行など、インポートしたくない行がある場合はチェックを入れます。


※ 決済口座の情報をインポートする場合、「支払日」、「支払口座」、「支払金額」の3つの情報のカラムが必要となります

4.各種データを設定します。詳細は下表の通りです。

設定する項目

備考

決済 / 未決済

既に決済が完了している取引の場合には決済を選択します。

まだ決済が完了していない取引の場合には未決済を選択します。

勘定科目

インポートファイルで勘定科目を指定するための列を設定していない場合に選択してください。

プラス行、マイナス行ごとに勘定科目をひとつずつ指定できます。
複数の勘定科目を指定したい場合には、インポートするファイルで勘定科目を指定する

列を設ける必要があります。

税区分

インポートファイルで税区分を指定するための列を設定していない場合に選択してください。

「税区分の設定」画面で選択肢を追加できます。(詳しくはこちら

決済口座

決済 / 未決済の選択で、決済を選択した場合に指定する必要があります。

インポートファイルで決済口座を指定するための列を設定していない場合に選択してください。

※インポートファイルで上記の項目について指定する列を設定している場合には、以下のような画面が表示されます。この場合には必要な設定はありません。
______.png

5.新規登録されるデータ(品目・取引先・部門など)を確認して、登録内容に問題がなければ[登録する]ボタンをクリックし、取り込み(インポート)を開始します。


6.インポートが完了したら、画面上部の黒いバーをクリックして、インポート履歴を確認します。


7.インポート履歴にあるボタンをクリックすることで、登録された取引を確認できます。

 

支出データをfreeeに取り込む

支出データを用意する

支出インポートは販売管理ソフトから出力した仕入伝票のデータや、エクセルで記帳していた経費帳や小口現金出納帳などのような支出に関するデータを一括でインポートするのに適したインポート方式です。

エクセルをご利用の場合は、「発生日」「金額」が入っているエクセルファイルをご自身で作成するか、こちらのサンプルファイルを加工します。ファイルには、取引先や品目など他の項目も任意で入れることができます。(取引インポートファイルと同様の項目を挿入できます)

 

支出データを取り込む

1.[取引]メニューの[エクセルインポート]を開きます。

2.「読み込むデータ形式」欄で「支出データ」を選択したら、以下のいずれかの方法でExcelファイルをfreeeにアップロードします。

  • 「①ファイルのアップロード」のグレーの欄をクリックしてExcelファイルを選択
  • Excelファイルを「①ファイルのアップロード」のグレーの欄にドラッグ&ドロップ

3.アップロードしたExcelファイルの内容が表示されますので、下表の項目を設定後、[設定する]ボタンをクリックします。

設定する項目

説明

税額の扱い

以下のいずれかを選択します。

  • 金額が税込で表記されている場合は「すべての金額が税込み」
  • 金額が税抜で表記されている場合は「すべての金額が税抜き」
  • 内税/外税を指定する列をファイル内に含んでいる場合は「内税/外税を考慮する」

列ごとに該当する項目

列ごとに該当する項目を選択します。

無視する行

先頭行など、インポートしたくない行がある場合はチェックを入れます。

___________2.png
※ 決済口座の情報をインポートする場合、「支払日」、「支払口座」、「支払金額」の3つの情報のカラムが必要となります

4.各種データを設定します。詳細は下表の通りです。

設定する項目

備考

決済 / 未決済

既に決済が完了している取引の場合には決済を選択します。

まだ決済が完了していない取引の場合には未決済を選択します。

勘定科目

インポートファイルで勘定科目を指定するための列を設定していない場合に選択してください。

プラス行、マイナス行ごとに勘定科目をひとつずつ指定できます。
複数の勘定科目を指定したい場合には、インポートするファイルで勘定科目を指定する

列を設ける必要があります。

税区分

インポートファイルで税区分を指定するための列を設定していない場合に選択してください。

「税区分の設定」画面で選択肢を追加できます。(詳しくはこちら

決済口座

決済 / 未決済の選択で、決済を選択した場合に指定する必要があります。

インポートファイルで決済口座を指定するための列を設定していない場合に選択してください。

※インポートファイルで上記の項目について指定する列を設定している場合には、以下のような画面が表示されます。この場合には必要な設定はありません。
______.png

5.新規登録されるデータ(品目・取引先・部門など)を確認して、登録内容に問題がなければ[登録する]ボタンをクリックし、取り込み(インポート)を開始します。

6.インポートが完了したら、画面上部の黒いバーをクリックして、インポート履歴を確認します。

7.インポート履歴にあるボタンをクリックすることで、登録された取引を確認できます。

エクセルインポートを行う際の留意点

各項目の指定

エクセルインポートには、「振替伝票データ」「収入データ」「支出データ」のいずれかのデータとして取り込む方法がありますが、それぞれのデータには最低限設定すべき列があります。(上述の各項目参照)

任意で設定する項目は以下のように、項目とその具体例があります。

[勘定科目]

列の名称 勘定科目
説明 各行について勘定科目を指定してインポートすることができます。
具体例  経費帳などをインポートする場合には行毎に勘定科目を指定する必要があると考えられるため、この列を設定します。一方で売上帳や仕入帳などのように、単一の勘定科目の取引を一括でインポートする場合には、勘定科目の列をわざわざ設けることなくインポートすることができます。

 

[収支区分]

列の名称 収支区分
説明 この列に収入もしくは支出と入力することにより、各行について収入もしくは支出を指定してインポートすることができます。
補足

「収入データ」としてインポートする際には金額欄の+は収入として、−は支出として取り扱われ、「支出データ」の場合には、金額欄の+が支出として、−は収入として取り扱われます。

しかし、例えば売上帳を「収入データ」で取り込む際に、収支区分の列を設けて売上の行を「収入」とし、売上値引きの行を「支出」を指定した場合には、金額欄をともに+としても適正に取り込むことができます。

具体例

例えば、売上帳を収入データとして取り込む際の売上値引高等の金額の動きについては、二通りの指示の仕方があります。

・一つめは、収支区分を設定せずに金額欄で売上値引高等の金額の動きを指定する方法

・二つめは、収支区分を設定し金額欄はすべて+で入力する方法

 
[税区分]

列の名称 税区分
説明 消費税区分の列を設けることにより、行毎に税区分を指定して取り込むことができます。
具体例 現金出納帳などのインポートをしたい場合には、課税仕入や非課税仕入が混在していることも考えられます。税区分の列を設けてインポートすることにより、これらの数種類の税区分を適切に登録することができます。


[取引先 / 品目 / 部門 / メモタグ などのタグ]

列の名称 「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」
説明

「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」列を設けることにより、取引にこれらの情報を付加することができます。

なお設定する場合には、「取引先」の列、「品目」の列のようにそれぞれで列を設けることに留意します。

具体例

取引先などの情報をインポートしたいデータに含んでいる場合には、これらの項目を設けてインポートすることとなります。

得意先別の売上帳をインポートする場合には、取引先情報が明確であることが考えられるため取引先の列を設定してインポートします。

 

複数行取引の取り込み

複数行取引の取り込みを行うこともできます。

例えば、給与の支払の取引は複数行になることが通例であり、これらを一括でインポートしたい場合などが該当します。

複数行取引をインポートするためのインポートデータの作成方法はいくつかありますが、以下に紹介する形式が簡便です。

必要に応じて、品目や税区分を列で指定します。

給与に関する取引を実際に取り込む際には、以下のようにデータを整えると一つの複数行取引として取り込むことができます

収支区分

日付

勘定科目

金額

支出

2017-1-1

給与手当

200,000

 

2017-1-1

預り金

-30,000

 

2017-1-1

預り金

-12,000

 

2017-1-1

旅費交通費

5,400


[上記の解説]

以下の条件を満たす必要があります。

・複数行取引としたい行については、それらの行のうち一行目のみ収支区分を入力し、それ以下の収支区分を入力しない

・複数行取引としたい行の日付は同日とする

[詳細な解説]

以下のようなデータでは、①〜③が同一の取引aとなり、収支区分が新たに入力された④の行は別の行として取り扱われます。

※行番号

収支区分

日付

金額

※実収支の判定

※同一取引の判定

収入

2017-1-1

100

収入

a

 

2017-1-1

-50

支出

a

 

2017-1-1

-20

支出

a

収入

2017-1-1

50

収入

b

・複数行に渡る同一の取引としたい行(①〜③の行)については、一行目の収支区分(①の行の収支区分)を入力し、それより下の収支区分(②及び③の行の収支区分)を入力しない

・同一取引としたい行の日付は同日とする

上記の※の付いた「行番号」「実収支の判定」「同一取引の判定」は、解説する上で便宜的に設けた列であるため、実際のデータには設定する必要はありません。

 


インポート用ファイル