会計freeeマニュアル【飲食店の経理編】

Print Friendly and PDFページを印刷

飲食店を経営していると、売上の記帳や、仕入や経費の管理、アルバイトの勤怠管理など、さまざまな経理業務が発生します。

freeeをご利用いただくことで、これらの業務をカンタン・効率的にできるほか、経営状態をリアルタイムに把握して経営に活かすことができます。

ここでは、飲食店経営の流れを例にとり、経理業務をfreeeでカンタンにする方法についてご紹介します。

 

目次

 

飲食店における 会計freee の活用例

 

BEFORE(freee導入前)

 

AFTER(freee導入後)

  • レジ締めの内容を見ながら
    休みを削って帳簿付け

レジ締めと売上の帳簿付けを同時に完了

  • 請求書と通帳を見比べながら
    未払い状況を管理

受け取った請求書の管理から帳簿付けまでをカンタンに

  • 肌感覚にならざるを得ないコスト管理
 

レポート機能でわかりやすいコスト管理・資金繰り

  • 毎年気が重い、専門用語だらけの確定申告

質問に答えるだけで確定申告書を自動作成

  • わからないことを誰に聞けばいいかわからない

わからないことは気軽にサポートデスクへ問い合わせ可能

 

レジ締めと売上の帳簿付けを同時に完了

クラウドタイプのレジを使っていれば、レジ締めの内容を自動でfreeeに取り込み、自動で売上の記帳ができます。

また、クレジット決済サービスの売上データも、自動で取り込み・記帳が可能です。

種類

サービス

サービス説明

freeeとの連携方法

レジ

 

こちら

こちら

レジ

 

こちら

こちら

レジ

 

こちら

こちら

レジ

決済サービス

 

こちら

こちら

決済サービス

 

こちら

こちら

決済サービス

 

こちら

こちら

また、一般的なレジをご利用の場合でも、売上のデータを出力して加工すれば、freeeに取り込むことができます。

その場合は、こちらに記載の手順で、加工・取り込みを行います。

 

受け取った請求書の管理から帳簿付けまでをカンタンに

材料を仕入れる際に発生する請求書や領収書は、スマートフォンのカメラやスキャナを使ってfreeeに取り込むことができます。



また、クレジットカードの利用履歴や、銀行の引き落とし履歴も自動で取り込み、自動で帳簿付けできます。もちろん、未払いの支出取引とも自動でマッチングされます。

 

レポート機能でわかりやすいコスト管理・資金繰り

帳簿付けされた内容から自動でレポートが作成されますので、どの部分でコストがかかっているかや、今後の資金繰りを一目で確認することができます。

 

質問に答えるだけで確定申告書を自動作成

freeeで確定申告を行えば、難しい用語や制度の知識は不要です。

やさしい言葉の質問に答えていくだけで、帳簿の内容から自動で確定申告書を作成します。
法人の場合は、会社法に準拠した決算書を作成できます

 

わからないことは気軽にサポートデスクへ問い合わせ

freeeでは電話・チャット・メールでサポートを受け付けています。

画面を見ながら問い合わせできますので、ご自身の課題をスムーズに解決できます。

 


参考:給与計算freeeで従業員管理も効率化

給与計算freeeを使えば、アルバイトを雇うことで発生するあらゆる業務を楽にできます。

アルバイトの方に基本情報や勤怠を入力してもらえば、給与や社会保険の金額を自動計算して、給与明細を発行できます。

給与計算freeeについての概要はこちらをご覧ください。