会計freeeの請求書郵送サービスについて

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeでは請求書を作成できるほか、作成した請求書を郵送することもできます。

印刷・封入・投函の手間を省くことができますので、請求業務をさらに効率化できます。

ここでは、freeeの請求書郵送サービスの概要をご紹介します。

 

目次

 

郵送サービスについて

サービス内容

freeeで作成した請求書の「印刷」「封入」「切手貼付」「投函」を一環して代行します。

会計freee上のボタンをクリックするだけで申し込みは完了します。

 

郵送できる書類

会計freeeで作成した、6枚つづり以内の請求書が対象です。

会計freeeで作成した見積書・納品書・発注書(2016/10/19現在)や、freee以外のソフトで作成した請求書類は、対象外です。

 

郵送サービスを利用できるメンバー

管理者は、郵送サービスを利用させないメンバーを指定できますので、意図しない郵送料金の発生を防ぐことができます。

  • 郵送サービスの利用制限方法
    - メンバーの権限を「取引登録のみ」か「閲覧のみ」にする(詳しくはこちら
    - 権限管理機能を利用して、メンバーから郵送の権限をはずす(詳しくはこちら



料金とお支払いについて

ご利用料金

郵送サービスのご利用料金は、1通150円(税別)です。

カラー・モノクロを問わず、1通であれば何枚つづりでも同料金です。

料金には切手代を含むすべての料金が含まれ、追加料金は発生しません。

 

料金発生のタイミング

郵送の確定ボタンをクリックしてから1時間後、「キャンセル不可」と表示された時点で、料金のお支払いが発生します。

確定ボタンをクリックしてから1時間以内であれば、サービスの利用をキャンセルすることができます。

 

お支払い方法

サービス料金は、freeeに登録されているクレジットカードから支払われます。

支払いに利用するクレジットカードは、[設定]→[プラン・お支払い設定]から変更できます。

※2017年2月9日現在、ペイパルでのお支払いには対応しておりません。郵送機能をご利用になりたい場合、freeeのご利用料金はクレジットカードでお支払いください。

 

領収書

郵送料金の領収書は、[設定]→[プラン・お支払い設定]の下部から確認できます。

なお、領収書やクレジットカードの明細は、1通分ずつ発行されます。

 

認定アドバイザーの方のご利用方法

認定アドバイザーの方も、郵送画面からクレジットカードを登録することで郵送サービスをご利用いただけます。

 

郵送の内容について

郵送スケジュール

請求書は、[確定]ボタンをクリックして注文した時点の翌々営業日以降に発送されます。

注文から到着までは3〜4営業日かかります。

※「営業日」とは、土日祝日・年末年始を除く平日を指します。(年末年始の詳細はこちら

 

郵送される封筒と請求書

請求書を郵送する際は、自動で郵送用レイアウトに変換され、所定の封筒に封入されます。

この際、宛先と差出人の名称・住所が窓から見えるように印刷されます。

郵送される請求書はA4サイズに印刷され、三つ折にされます。

【請求書の封入イメージ】
 



ご利用方法について

請求書郵送サービスの詳しいご利用方法は、こちらのヘルプページをご参照ください。

 


参考:年末年始の郵送スケジュール

12月29日〜1月4日までは郵送システム会社および印刷工場の冬季休暇のため、この期間は印刷・発送工程を行なっておりません。(同期間中も注文データの受付は可能です)

年末年始の発送予定日の詳細は、下表をご参照ください。

注文受付日  締切時刻 発送予定日
12月25日 17:00 12月27日
12月26日 17:00 12月28日
12月27日 17:00 1月5日
12月28日 17:00 1月9日
12月29日 - 1月10日
12月30日 - 1月10日
12月31日 - 1月10日
1月1日 - 1月10日
1月2日 - 1月10日
1月3日 - 1月10日
1月4日 - 1月10日
1月5日 17:00 1月10日
1月6日 - 1月11日
1月7日 - 1月11日
1月8日 - 1月11日
1月9日 17:00 1月11日
1月10日 17:00 1月12日