Square (スクエア) - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeとレジアプリサービスのSquareを連携すると、日々の売上情報の管理から入金までの経理処理をスムーズに行うことができます。

 

目次

 

Square(スクエア)とは

Squre(スクエア)は、現金やクレジットカード等のPOSレジ機能を、スマートフォンやタブレットからカンタンに行うことができるサービスです。

freeeと連携することで、Squareアプリで登録した売上やクレジットカード決済代行手数料のデータを自動でfreeeに取り込むことができます。

Squareレジについての詳細はこちらをご確認ください。

 

1.連携手順

①事前に、Squareアプリにて税金の設定を済ませておきます。

②freeeトップページ→[口座]→[口座を登録]を開き、「決済サービスや電子マネー」欄からSquareを選択し、認証ページに進みます。

③メールアドレスとパスワードの入力画面になりますので、Squareのログインをする時に利用する、メールアドレス及びパスワードを入力します。

④ホーム画面の口座一覧で[タグのマッチングが必要です]と表示されたら、そこをクリックして、[設定する]をクリックします。

⑤Squareのカード決済用の口座を登録します。基本的には、はじめから表示されている「売掛金(Square)」という名称のまま登録すれば構いません。

⑥タグのマッチング画面になります。freeeにデータを取り込むために、Squareで使っていた項目とfreeeで使う項目のマッチング作業を行います。

区分 Square上の項目 freee上の設定 説明
取り込み先口座  クレジットカード売上 売掛金(Square) Squareでのクレジットカード売上代金を「売掛金(Square)」で決済登録します。
現金売上 現金 Squareでの現金売上代金を「現金」で決済登録します。
(その他の売上) 未決済 現金・クレジットカード以外での売上は、未決済の取引として登録されます。
勘定科目  売上 売上高 Squareでの売上をfreeeでは勘定科目「売上高」として取り込みます。
手数料 支払手数料 Squareでのカード決済代行手数料を勘定科目「支払手数料」(税区分は非課仕入)として取り込みます。
税区分 消費税
Squareで設定
課税売上8% 事前にSquareで税区分(税金)の設定をしておきます。(詳しくはこちら
消費税8%の設定をした場合は、freeeでは「課税売上8%」を設定します。

※ Square上の「払戻」額は、「売上高」の支出取引としてfreeeへ取り込まれます。

※ Squareとfreeeの連携は、複数ではなく1つのSquareアカウントとの連携を推奨します。

 

 

⑦ホーム画面の口座一覧にある取引ボタン(口座名をクリックすると表示される箱のマーク)から、Squareで処理した売上がfreeeに取り込まれていることが確認できます。

売掛金(Square)口座には、未入金のクレジットカード売上が表示されています。

⑧取引の詳細を開くと、内訳を確認することができます。

  • 0:00 〜 0:00で1日を区切り、取引は登録されます。
  • 日中に手動で同期した場合は、一日に取引が複数作成されることになります。その場合、内容は重複しないように作成されます。
  • 設定した「明細を取得する期間」の日付分が、初回同期の際には各日付毎にまとめて作成されます。(詳しくはこちら
  • Square側で税区分が未設定の取引が取り込まれた場合、取引の「備考」欄に「未設定分」という文言が追加されます。



※ 取引は、[取引]→[取引を一覧]から「登録した方法」で絞り込んでも確認できます。

 

2.freeeでの処理について

Squareを連携すると、「決済済み」の取引が自動で登録されるようになります。クレジットカードの決済代行手数料は自動で取り込まれますので、代行手数料の入力は不要です。

※ 取引が直接作成されますので、明細は作成されません。(「自動で経理」での処理は必要ありません。)

 

3.入金処理の方法

入金口座に入金があったら、freee上で口座振替処理を行います。その際は振替元口座と振替先口座を下記に設定してください。

  • 振替元「売掛金(Square)」
  • 振替先「入金口座」

 

1.自動で経理の場合

入金された銀行をfreeeに同期している場合は、「自動で経理」から処理します。


2.手動で登録する場合

入金された銀行をfreeeに同期していない場合は、[取引]→[口座振替]→振替元「売掛金(Square)」・振替先「入金口座」とし、手動で口座振替の処理を行います。

 


参考:税金の設定について

Squareでは初期設定で消費税の設定がされていません。消費税がかかっていない売上取引として取り込まれないよう、予めSquareのアプリにて設定をします。

※Square上で1件の売上に2つ以上の税区分を設定した場合、その売上はfreeeに取り込まれませんのでご注意ください。

Squareアプリの[設定]→[税金を設定]に進み、消費税の処理を行います。消費税の設定を行うと、freeeに消費税がかかっている売上取引として取り込むことが可能です。


[Squareと併用している場合]

Airレジ経由でSquareからの情報を同期させている場合は、Square側で税金の設定を行っています。Square側で税金の設定がされていないと、freeeに同期した後にSquare側で税金の設定を行った場合、再度タグのマッチングが必要となります。マッチング後に自動同期が再開します。

 


参考:AirレジとSquare、freeeの連携について

AirレジとSquareとfreeeのサービスをそれぞれに連携している場合、取引データはAirレジとSquareから、それぞれ取り込まれてしまい重複してしまいます。そのため、以下のいずれかの方法で重複しないように設定をしていただく必要があります。

  • Squareとfreee、Airレジとfreeeをそれぞれ連携させ、Airレジ側の設定にある「送信しないデータ」という部分でSquareの売上データを指定します。これによりAirレジからfreeeへ、Square分のデータを送信しないようにします。

  • Squareとfreeeは連携せず、SquareでのデータもAirレジのデータとして一括で取り込むようにします。


[消費税の設定について]

なお、AirレジでSquare決済をご利用の場合は、AirレジからSquareに消費税情報が取り込まれていません。そのため、消費税の設定が未設定の場合は、freee上で情報を入力する画面がでてきます。未設定の項目を設定された後、同期が開始されます。

 


参考:Squareから取り込んだ取引の削除と再取り込みについて

Squareの同期は、会計freee上に存在する最新日付のSquare取引よりも後の取引が取り込まれる仕様になっています。

そのため、Squareから取り込んだ取引をfreee上で削除しても、その次の同期で再度取り込まれてしまいます。

もし完全に不要な取引がある場合は、freeeとSquareの両方からデータを削除する必要があります。